PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トレッキングパンツのメリットと選択ポイントを紹介

スポンサーリンク

登山をする時に欠かせないアイテムの1つのトレッキングパンツ。

トレッキングパンツじゃないとダメなの?

普通使っているパンツでもよくない?

そんな疑問についてトレッキングパンツのメリットをお伝えします。

また積雪期を除外したトレッキングパンツの選び方のポイントも一緒にご紹介します。

トレッキングパンツのメリット

トレッキングパンツのメリットとして主に3つが挙げられます。

動きやすい

通常であればそこまで足を大きく動かすことはありませんが、岩場や鎖場などの難所を通過するときに足を大きく曲げることがあります。

その時に普段着のパンツだと生地が突っ張りうまく足が曲げられなかったり、窮屈になる可能性があります。

トレッキングパンツはその点を考えられており、生地が伸びるタイプ、立体裁断で足に沿って作られているタイプ等があり、大きく足を曲げても突っ張りがなく、思い通りに足運びができます。

速乾性が高い

登山は普段以上に汗をかきます。

汗をかいて濡れると不快ですし、気温の変化が大きい山では濡れたことにより寒さが増してしまい、状況によっては低体温症になってしまう可能性もあります。

普段着の綿パンツだとなかなか乾かないのでおすすめはできません。

トレッキングパンツは汗を吸っても乾く素材を多く使われているため、不快感も少なく、低体温症になるリスクを減らしてくれます。

蒸れにくい

上記でも説明していますが、登山は普段以上に汗をかきます。

トレッキングパンツは素材自体が通気性が高いものを使っていることが多く、普段着と比べると差がでます。

またパンツによってはベンチレーションを備えているものもあるため、より蒸れにくくなります。

トレッキングパンツの選び方

トレッキングパンツのメリットを紹介したところで次に選び方について紹介します。

パンツ丈

パンツは丈は主に3種類になります。

ロング

一番汎用性が高いのがロングパンツ。

真夏はさすがに暑いですが、どの季節でも対応できるのがいいところ。

シルエットや生地の厚さなど選べる範囲も多いです。

おすすめは細身のもの。

ダボつくと肌のこすれが気になるのと枝に引っ掛かりやすいため、細身のほうが気になりません。

ショート

夏は抜群に快適なショート丈。

晩秋や冬はさすがに厳しいです。

ロング丈にはない開放感があります。

地肌が露出されるので虫刺されやケガ等をしやすくなるため、注意が必要です。

できれば、ショート丈パンツにはタイツをしたほうがおすすめです。

コンバーチブル

コンバーチブルパンツは状況によってロングにもショートにもなる便利タイプ。

いいとこどりではありますが、ロングやショートに比べると値段は少しお高め。

また、登山中に取り付け取り外しは私は正直面倒でしませんでした。

便利なタイプではあるので1着で済ませたい方はありです。

生地の厚み

生地の厚みは薄手、中厚手、厚手とありますが、積雪期以外であれば、薄手で対応できます。

薄手であれば夏でもなんとかいけますし、寒い場合は下にタイツを履くことで保温性を上げられます。

最初の1着は薄手タイプでそこからバリエーションを増やしていくのをおすすめします。

ウエストを調整できるもの

トレッキングパンツはベルトや紐でウエストを調整できるものをおすすめします。

ないとウエスト周りが緩くてずり落ちてくるなんてこともあります。

ベルトや紐がないタイプは別購入でベルトの用意を。

私が使用してるトレッキングパンツ(積雪期以外)

私が現在使用しているトレッキングパンツを紹介します。

アークテリクス ガンマLTパンツ

アークテリクスのガンマLTパンツ。

ベルト付き、薄手でストレッチ性も抜群です。

ヒップポケットがないため、ジッパー当たりがないのが私としてはうれしいところ。

積雪期以外の山では一番使用していいてお気に入りです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

マウンテンイクイップメント スカウトショーツ

マウンテンイクイップメントのスカウトショーツ。

現在は廃盤になっているようです。

暑い時期はこのショートパンツ一択。

ベルトがついているのとデザインがお気に入りで愛用しています。

ヒップポケットのロゴがポイント。

まとめ

トレッキングパンツのメリット

動きやすい

速乾性が高い

蒸れにくい

トレッキングパンツの選び方

パンツ丈

生地の厚み

ウエストを調整できるもの

トレッキングパンツも登山を快適にするウェアの1つ。

自分に合うトレッキングパンツを見つけましょう!!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました